青汁いろいろ

前へ
次へ

書籍通販大手のAmazonでは、青汁も大量に扱っていますね。
アマゾンで販売されている青汁は、聞いた事の無いような会社のものが多く、テレビや雑誌などで広告を掲載してるところは少ないようです。
ですが、アマゾンで販売されてる青汁は単価が安く、格安といえるものが豊富に取り揃えてあるのが特徴ですね。
数百円から2000円程度の青汁はもちろん、自分で青汁を作る人のためにケールや明日葉の種子の販売も行なっていますし、
青汁関連の書籍販売はもちろん、粉末を溶かすためのシェーカーも取り扱ってるのが他と違うところですね。

全体に商品の内容としては、ケールを主原料としてるものが少なく、大麦若葉、明日葉原料の商品が多いです。
プロテイン粉末を牛乳や水に溶かすためのシェーカーが殆どですが、青汁専用のシェーカーではなく、代用として使えるものを販売しています。

アマゾンで買い物をした事のある人であればお分かりかと思いますが、商品をアマゾンが直接販売してるとは限りません。
広告スペースだけをアマゾンに置き、売買は顧客と販売者が行うケースが殆どですね。
提携のお店(マーケットプレイス)が出品している商品です。
マーケットプレイスの商品は実際のお店から商品が配送されるため、たいていの場合は送料がかかります。

中にはアマゾンが在庫管理を行なって商品の販売を行なってるものがあり、
アマゾン自体が販売している場合は、「通常配送で送料無料」となります。
できるだけ、アマゾン自体が販売している商品を購入すると送料がかからないのでお得ですね。
実際の販売価格を見比べてみると、送料を含めて考えるとアマゾンの商品が最安値となることもあるので、単に価格だけにとらわれず、送料、手数料なども含めて見て見ましょう。

ちなみに、初めてamazonを利用する場合は住所氏名などを登録してアカウントを作る必要がありますが、
Eメールアドレスを持っていれば簡単に作れます。
一度登録しておけば、過去の購入履歴も呼び出せますし、どんな商品を買ったのかも全て記録してくれるので便利ですよ。
お試しで青汁を購入するときはこの機能を使うことで、どんな商品を頼んだのか、いちいち記録しておかなくても済みます。

http://umarlee.com/s09.htmlにかいてあるのですが、最近ではコンビニなど身近なところでも手軽に購入することができるそうなので、さっそく青汁を試してみてはいかがですか?

ページのトップへ戻る