青汁いろいろ

前へ
次へ

青汁を生産してるメーカーは沢山ありますね。
単に青汁というだけでなく、最近は機能的な成分を添加して、他社との差を出そうとしてる商品が多くなっています。
それだけ人気もあるのですが、激戦でもあるということですね。

いくつか有名なメーカーのものを比べてみて、その内容を確認してみました。
まずは材料による違いです。
メジャーな材料としてケールがあります。
ケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高く、食物繊維も豊富で、青汁の材料に最適です。http://www.cdnn.info/news/article/a040723.html
これだけしか含まない商品もあります。それくらい、完全に近い材料といえるでしょう。

問題点は、独特の風味と青臭さ があることです。
セロリが苦手な人は青臭い香りがダメといいますよね。ケールも同じで、風味を嫌う人が多くいます。
ケールだけで必要な栄養素の殆どを摂取できるので、青汁といえばケールだといえるかも知れません。
癖を押さえて飲みやすくしています。粉末タイプが多く存在しますね。
味が苦手という人は、こちらhttp://www.deltagenic.com/03yasai.htmlの錠剤タイプもオススメです。

大麦若葉は、大麦の穂が出る前の青々とした若葉の状態で採取して材料にしています。

この若葉の部分には、ビタミンやミネラルなどの栄養素が非常に多く含まれていて、ケールにも負けないくらいのものです。
大麦若葉は味にクセがなく、ケールと比べると飲みやすいので、最近はこちらを主原料にしている青汁が多くなっています。

明日葉は、八丈島などでよく栽培されてる植物です。
やはり豊富な栄養素と食物繊維が特徴http://www.icpp2008.org/asita.htmlですが、こちらにはカルコンと呼ばれるポリフェノールの一種が多く含まれています。
ですので、単なる健康維持ではなく、血行改善、血栓予防などの副次的な効果も期待できますね。
明日葉の青汁についてもっと詳しくかいてあるサイトがhttp://table34.net/asuha.htmlにあります。
是非、ご覧になってください。

かいこの餌として知られる桑の葉ですが、こちらも青汁に良く利用されています。
桑の葉は漢方薬としても用いられることがあり、血圧改善効果があることが知られていますね。
血圧が高めの人に向いてると言えるでしょう。

各社、材料と製法によって、青汁の効果を差別化http://konopizzacanada.com/10.htmlしていますので、自分が望む効果を考えて選びましょう。
気になる青汁の価格については、このサイトhttp://www.topcoachingjobs.com/をご覧ください。

ページのトップへ戻る