青汁いろいろ

前へ
次へ

原材料のケールや明日葉、大麦若葉などに含まれる栄養素には、各種のビタミン、ミネラル、食物繊維があります。
多くの成分を含んでいるからといって値段が高いわけではありません。
値段の差は、材料の加工で大きく変わります。

青汁の価格ですが、多くは2~6000円くらいですね。
毎日摂取することを勧めてるものは、比較的値段が抑えられていますし、必要なときだけ摂るタイプなら少々割高なようです。
他の栄養補助食品やサプリメントでも同じことがいえますが、値段の差http://www.geneburkhart.com/20.htmは加工と製法です。

材料からどれだけの栄養素を壊さずに取り出し、いかに人が吸収しやすい形にするかで値段が変わります。
野菜に多く含まれるビタミン類は、熱に弱いものが多く存在します。
特に水溶性のビタミンB類などは熱に弱いので、加熱調理には不向きですね。
ビタミンCは空気中の酸素によって簡単に酸化されて効果を失います。
ビタミンCは取り出してから時間がたつとどんどん失われるのです。

酵素類も時間経過で消滅する栄養素ですね。酵素は人が体内で作ることはできますが、食事や飲酒によって大量に消費するので、
新鮮な食材から摂取することが望ましいとされています。
貴重な酵素を安定して青汁に取り込むことはメーカーが工夫を凝らしてるところです。
特殊な加工法や時間をかけて熱を出さない方法で栄養素を抽出したりすると、それだけ製品の歩留まりが悪くなるので、コストが高くなります。
それでも、よい品質のものを欲しいと思われるのなら、少々値段が高くても、製法を調べて栄養素が多く残っているものを選ぶとよいでしょう。
そういう意味では値段が高いものは、栄養素が壊れずに多く残ってるといえますね。

これは一般的なことなので、安くても製法にこだわって栄養素を残してるものもあるでしょうし、高い割にはあまり効果を期待できないものもあるかもしれません。
自分が何を青汁に求めてるのかをはっきりとさせ、それに応じて成分、製法、価格を見比べるとよいのではないでしょうか。
良質な青汁の選び方はこちらのサイトhttp://www.ldhd.info/10era.htmlも参考にしてみてください。

▼初めての方にもわかりやすい! 青汁ダイエット法が紹介されています。

ページのトップへ戻る