青汁いろいろ

前へ
次へ

食物繊維は殆ど全ての植物に含まれています。
その正体は、細胞の壁を作ってるセルロースと呼ばれる多糖類で、人の消化酵素では分解できないものなのです。
青汁にもこの食物繊維が多量に含まれています。
材料が野菜ですので当然なのですが、食物繊維はどのような働きをしてるのでしょうか。

一口に食物繊維といっても、二種類存在します。水溶性と不溶性です。

人間は大腸の中に存在する腐敗菌が食物繊維を分解してくれますが、全てではありません。
草食動物は胃や腸の中に食物繊維を分解する細菌を住まわせているので、早い段階で分解吸収が行なわれます。

ですが、人間の場合は分解が大腸まで待たなくてはいけないので、吸収がとても遅いわけです。
食物繊維は、腸内の掃除を行ってくれる、大切な存在です。
特に便秘がちな女性は、これを大量に摂取するだけでお通じが改善されるケースが多いようです。
食物繊維は水を含むことでふくらみ、便を絡めて体外へ排泄する手助けをしますので、腸の動きが弱い人は食物繊維を多めにとらなくてはいけません。

便秘http://www.aoba-shop.com/tegaru.htmlは肌荒れや体調不良の原因となりますから、常に便通は良くしておく必要があるのです。
しかし、現代人の食生活は便秘になるようなものを多く摂ります。
昔に比べると食物繊維の含まれた野菜などの植物性の食事が減っており、肉食が増えていますよね。
肉は分解までに時間がかかるので、便秘の原因となりやすく、腸の長い日本人は、まだ肉食に耐えられる構造ではありません。
どうしても、体内に腐敗した肉を長時間抱えることになるので、早めに体外へと排泄する必要があります。
そのとき、食物繊維があればスムーズに排泄が行なわれるのです。

食物繊維は、それだけで健康増進や体調を整える働きはありませんが、間接的に人の身体を守る大事な働きがあります。
消化酵素の不足してる現代の食事では、どうしても食物繊維は欠かせません。
普段から野菜不足してると思われるなら、青汁で補うのも良いですね。
とくに食物繊維が豊富なケールの青汁がhttp://www.siamarsa.org/04.htmlで紹介されています。
ケールは三大原料の中でも栄養が豊富なことで知られていますので、是非この機会にもっと詳しく知ってください。

ページのトップへ戻る