青汁いろいろ

前へ
次へ

サプリメントや健康食品で多いのが、誇大広告や不当表示ですね。
実際には効果が無いのに、ダイエット効果や病気が治るといった表示や記載をしてることがあります。
これらは全て違法です。

特定健康補助食品(トクホ)は、厚生省が一定の効果を認めた商品ですから、こちらは血圧が下がるとか、ダイエット効果があると宣伝しても問題がありません。
しかし一般に広く売られているサプリメントや健康補助食品は、お薬のように国が認めた効果を証明していませんから、あたかも薬のごとく効果があると宣伝してはいけないのです。
ですので、多くのメーカーは広告や表示に注意して記載していますね。
もちろん、入ってる成分は表示されていますので、その作用を私たちが調べて効果を期待することは違法ではありません。
ですが、メーカーが積極的にその効果を宣伝することは出来ないと言う事です。

医薬品は、その開発に多額の費用と年月を費やします。
完成した薬はまず動物実験を行い、効果を確かめて、その結果を厚生省に報告します。
それから臨床試験を行い、一定の効果が認められて初めて薬として販売の許可を得られます。

国民の健康を守るのが厚生省の役目ですので、薬も重篤な副作用が無いか、効果が確かに現れるかを厳しく審査しています。
その代わり、その効果に関しては宣伝することを許されるのですね。

薬でも無いサプリメントや健康補助食品には規制がありません。
ですが、薬のような表示をすると法律違反となります。

ではどのような表記があるといけないのかというと、 "絶対に痩せる"、"癌が治った"、"アトピーが消えた"などと、断言した表記です。
また、病気の治療に使えるのはお薬だけですので、特定の病名をあげて効果を宣伝してるものもアウトです。

もし青汁でも、そのような表記があればその会社は怪しいと思ってください。
私たちが簡単に手に入れられる青汁には、健康増進を期待できても、病気を治すような効果はありません。

ページのトップへ戻る